ありがたかったな【市街地区に引っ越した話】

あれ?見覚えありませんか?

20170119

 

 

 

 

先週の木曜日と同じ写真です。

遠別の愛娘みっちです。

今週もふるさと納税の作業です。

終わるかな?

さて、題名にあった通り、市街地区に引っ越しました。

(すみません、今日も個人的なお話です)

町内会の行事に参加させていただいた話。

初めて会う方ばかりで緊張していました。

そこに私に声をかけてくださるご高齢の方がいました。

33年の間、同じ町内会にいらっしゃるおばあちゃん。

お話しているうちに緊張が解け、他の方ともお話できました。

純粋に皆さん優しく明るい町内会だなと感じました。

 

私が引っ越せるようになったのは、公営住宅に応募し、当選したからです。

その当選、落選を決める選考委員会があるそうです。

どの携帯会社も通じない所に住んでいましたので、引っ越せて本当に感謝しています。

そのおばあちゃんも「困っている人が住めないのはダメでしょう?」と言ってくださいました。

そのおばあちゃんも選考委員をされた経験があるそうです。

全く知らない人の住めるかどうかを決めるって大変なんだと言う話をたくさん聞きました。

本当にありがたい事に私は今回の募集で住める事になりました。

「ん~1回目の応募ではまず当たらないよ?」と私が応募する時に言われた記憶が蘇ります。

どこでも同じ事だと思いますが、住むところって本当に大事ですね。

京都に住んでいた時は、不動産会社に行けばマンションを紹介してもらえました。

住むところに困ってしまう・・・実際に経験しないと分かりませんね。

言っている事がよく分からなくなってきたのでこの辺にしておきます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中